日本のロゴ・マーク50年


日本のロゴ・マーク50年(日本タイポグラフィ協会編)にホテルロッジ舞洲・森とリルのBBQフィールドのロゴマークが掲載されました。

RYSE, Autograph Collection/ ライズオートグラフコレクション

English Below↓

弊社では、ホテル舞洲ロッジ、yoin hotelを始めとして、
ここ数年ホテルのブランディングのお仕事を依頼していただくことが増えてきました。

ホテルのブランディングにおいて、
建物だけでなく、またグラフィックデザインだけでもなく、
お客様の「体験」を総合的にブランディングすることが大事だと私たちは思っています。

そんなエコノシスでは、リサーチもかねて世界各国のホテルに足を運ぶことも少なくありません。

今回訪れたのは韓国、ソウルにある弘大(ホンデ)にある



今注目されるデザイナーズホテル、RYSE, Autograph Collection/ ライズオートグラフコレクション。

エッジの効いたインテリアデザイン、コンテンポラリーアートに溢れるホテル内は、流行の発信地である弘大(ホンデ)らしいポップでありながら、落ち着いた雰囲気。





クリエイティブな雰囲気に溢れたこちらのホテル、部屋の分け方がスタンダードやスイートといった名前でなく、「クリエイター/エディター /ディレクター」という名前に分けられているところも面白い。







客室内は落ち着いた色味でまとめられ、カーテンの色味、ベッドフレーム、浴室のタイルなど一つ一つの質感選びもエッジが効いている。


アメニティの細かいこだわりも抜かりなく、中でも驚いたのはフェイスマスクまでRYSE。







ナイトライフも盛んな弘大(ホンデ)の街から少し距離をり、好きな曲を聞きながら過ごす素晴らしいひと時を過ごせました。

HP : https://rysehotel.com/

We've been getting more branding projects for hotel past few years.

The reason behind it is that because of our location.
Although past few months, Kyoto has been so quiet regarding to COVID-19.
There are so many people including our clients and friends are facing to the fact that we have been relying on tourists from oversea.
We are really hoping that those business (especially good ones) will survive this tough time.

We are not sure when we can start to travel again, though traveling is our favorite thing to do, so today we would show our latest short trip in Korea.

Just before COVID-19 becoming a huge problem, we were lucky enough to visit RYSE, Autograph Collection in Hongik.
Hongik is an area that a lots of street and art culture happening in Korea, also famous for night clubbing.

I really liked the idea of naming for rooms "Creater / Editor / Director".
The room we have stayed was "Creator" which is smaller than other rooms but well designed.
Texture of each furniture and the color match perfectly.

We LOVE the face mask in our room!

Written by Miz

今年のエコノシスの年賀状 / New year's card 2020

English Below↓

毎年恒例のエコノシス年賀状、

2019年はこちら、2018年を飛ばして、2017年はこちら

普段はお客様の為にデザインをするが私たちの仕事ですが、

こうやってエコノシスデザインとして何かを作るのは自分たちにとってもいい刺激となります。

また、今回は社内コンペ形式にしたので昨年に新しくメンバーに加わった

若干20歳のデザイナー峠、オーストラリア帰りの辻、台湾出身のジョニーの3人が臨みました。

そして選ばれたのがこちらの年賀状。

エコノシスの年賀状は、普段あまりする機会のない印刷方法を採用するのですが、今回は日本でも徐々に浸透しているリゾグラフで印刷。

紙は平和紙業さんの、ディープマットを使用し、グレーの方は、赤色と金色の二色、赤色には金色の一色刷り。

リゾグラフを知らない方のために、リゾグラフとは理想科学工業さんが出している印刷機で、

日本では学校などに置いてあったり、また単色刷りの印刷などで見た方も多いかもしれません。

日本で生まれたこの印刷手法、実は日本より海外のアーティストに広く知られているんです。その理由は

①インクの色が限られているため、印刷すると思った通りにいかないため予想外の面白い仕上がりになる。

②版がずれたり、かすれた風合いなどがデジタルにはない面白さがでる。

③フルカラー印刷よりも、印刷コストがかからないため小数部での出版に向いている

など。

こちらのサイトは世界中にあるリゾグラフスタジオが探せるんですが、

見てお分かりの通りヨーロッパ、アメリカなどにもたくさんあります。

ちなみに今回は、京都に新しくできたHand Saw Pressさんにお願いしました。

では、今年も一年よろしくお願いいたします。

Happy New Year!

We always create New Year Card for our customers and people who we work with.

This year, we've printed the cards with risograph printing at a studio called Hand Saw Press in Kyoto. (They just open last year)

I have recently learned that Risograph was born in Japan, but it is more popular for artists in oversea than people in Japan.

Thought I have seen the printer at school but never thought the printer has such a fun and cool features.

If you are a designer, you always try to make thing perfect, or make it right, because quality is very important.

BUT, I find that it can limit your creativity by working on screen all the time.

So now that I understand why artist LOVE this printer!

It is fun, because you probably end up getting something you did not expect.

I always appreciate our boss gives us opportunity to try new thing at work.

Miz

THE WAREHOUSE HOTEL / ザ・ウェアハウスホテル in シンガポール

English Below↓

弊社では、ホテル舞洲ロッジyoin hotelを始めとして、
ここ数年ホテルのブランディングのお仕事を依頼していただくことが増えてきました。

それは観光産業の盛んな京都という土地柄もありますが、
エコノシスデザインには、建築のバックグラウンドを持つスタッフが多いからというのもあります。

ホテルのブランディングにおいて、
建物だけでなく、またグラフィックデザインだけでもなく、
お客様の「体験」を総合的にブランディングすることが大事だと私たちは思っています。

そんなエコノシスでは、リサーチもかねて世界各国のホテルに足を運ぶことも少なくありません。

今回は出張のついでに足を伸ばした、シンガポールにあるTHE WAREHOUSE HOTELをご紹介。


こちらのブテイックホテルは、1895年にシンガポールのマラッカの川沿いに倉庫として建てられました。

その当時このエリアは秘密組織の温床として、またアンダーグラウンドな活動、
またお酒の蒸留所として使われていたエリアだそうです。

ホテル内は、倉庫だった面影を生かしつつ、アーバンな香りを残しつつ、アートやインテリアでモダンな印象でした。

これからも徐々に世界のホテルをご紹介していきたいと思います。

We've been getting more branding projects for hotel past few years.

The reason behind it is that because of our location.

Regarding to Kyoto is becoming more well-known tourist city in the world, there are more hotels than ever before, but also luckily, we have few designers (including our CEO) have architect background in our studio.

Branding for hotel isn't just about architect or graphic design, we believe that it is about designing customers experience while they stay at hotel.

To work for the projects, we also visit and stay hotels in the world to learn about what is important experience as a client or traveler and deseigner point of view. (or we can just say, we LOVE staying at beautiful hotels)

Last month, we have been to Malaysia for a meeting with one of our client, then we flight to Singapore to stay THE WARE HOUSE HOTEL which was built in 1895 along the Singapore River as part of the Straits of Malacca trade route.

We have very exciting projects coming up early 2020.. Stay tuned!

Miz