New Apple store in Kyoto

Last month saw Kyoto unveiling its very own Apple flagship store. It is located along the main shopping district of downtown Shijō, lined up next to major department store Daimaru.

Window teaser

Prior to its reveal, there have been speculations of an upcoming store due to Apple’s recruitment of employees in Kyoto on their website. Only much later were we teased with a facade of the Apple logo, including the opening date 8.25, on the glass window of the Kyoto Zero Gate building.

Two days before its official opening, Apple finally released some official sneak previews of the store design.

“Where ideas and creativity intersect”

Apple Kyoto Identity

The identity of the store seems to draw inspiration from the latticed streets of Kyoto, at the same time, reminiscent of bamboo-like structures. Home in an ancient city which bridges its rich history to the present, Apple Kyoto hopes to deliver inspiration as a source for future creativity.

This Apple store identity appears to be a unique custom addition for its latest Japan openings, the other being Apple Shinjuku which opened earlier this year.

Apple Shinjuku Identity

I really enjoy this additional detail which references the individual characteristics of each store in their own respective cities; bamboo structures for the traditional, ancient capital Kyoto, neon lights for the buzzing nightlife of Shinjuku. As I think it injects a bit more personality into their famed Apple aesthetics, leaving more room for anticipation for the grand opening.

Store Design

Store Exterior

The overall exterior of the store is rather subdued, seamlessly blending in with its surrounding buildings if not for its distinctive Apple logo. Quite a contrast from its more metallic and sleeker counterparts in Ginza and Shinsaibashi.

It is worth noting that windows of the building are “clad in a translucent envelope inspired by Japanese lanterns”, using a lightweight timber frame and special paper as a homage to traditional Japanese houses - Machiya, which has defined the architectural atmosphere of Kyoto for centuries.

Interior

Store Interior

Stepping in, the store is comparably smaller than the other Apple stores in Tokyo or Osaka. Perhaps also due to the large amount of people inside due to the hype surrounding its recent opening.

The layout of the interior is typical of any Apple store; streamlined and minimal with their product line-up displayed neatly along heavy wooden tables. The brightly lit ceilings help to open up the space further.

At the back of the store features a carved stone sculptural staircase modeled after similar designs at Apple’s other newer international stores.

Second Floor Window

Upon accessing the second level, the windows are fitted with wooden frames translucent paper inserts which allows ambient daylight to filter through.

Overall it is a nice and comfortable space, albeit a smaller store. It is also a commendable effort by Apple to weave in subtle elements of traditional Japanese design, with its own minimalist and sleek aesthetic.

All images credit Apple (Inc.)

スタッフよもやま話

お昼休みにスタッフ同士でお気に入りのブックデザインの話になりました。
その中でも特に盛り上がったのは
「全宇宙紙」編集/松岡正剛ほか 造本/杉浦康平 工作舎 1979年出版。

何やらブックデザインが素晴らしいとのこと。
どうしても気になる…ということで、
スタッフが本をオフィスにもってきてくれました。



なるほど、全宇宙誌というにふさわしい重厚感です。
画像のオリジナル版は透明ビニールに白インク印刷のカバーです。
後にカバーは紙にかわってしまったそうなので、こちらはとってもレア!



宇宙についての情報がぎっしり書かれてあります。

こだわりは他にも。本の小口(重なった紙の断面)が…
右にずらすとアンドロメダに。左にずらすと星座に。



出版から30年近くたった今もなお
この本の魅力があせてないことが驚きです。

続いては「人間人形時代」 稲垣 足穂 (著), 松岡 正剛 (編集) 1975年出版。
こちらの本も特徴的です。



表紙中心の穴がそのまま後ろまで貫通しています。
中のレイアウトをみていると不思議な感じですね。
こういう違和感がある本も刺激的で面白いです。



本の中身がこんな感じで
丸をよけたレイアウトになっています。
思い切ったデザインですね。

最後は「方圆故事」 作者/吕重华 2015年出版。
表紙は編まれたもので、堅いのかと思いきや、よくしなり、柔らかいです。



内容は、店の主人がお客さんに渡す納品書(?)だとか…
店の主人の自画像のイラスト付きなのがなんとも素敵!
ユーモアがありますね。



ページをめくっていて気づいたのですが、
何か後ろに透けているような感じがあります。
裏面が助けているのではなく、
実は1ページ1ページが山折りされた紙で、
折り部分をカッターで切ると中身が見えるようになっています。
(もったいなくて切れませんが…。)



本の左側は縦に三分割されていてすべて店主の顔が描かれたページです。
右側はもちろん、左側からも開けられて、さらにサイズの違う紙まで
綴じてある、贅沢で奇抜なブックデザインです。



こういった本は文字情報を載せるだけではない、
モノとしての面白さがありますね。
面白いブックデザインの本がまだまだたくさんありそうです。

観葉植物日記〜土替え〜

事務所の観葉植物の一つ、フィカス・ミクロフィアが一時期元気がなかったのですが、水やりと虫対策で復活!
成長した分、すこし傾きはじめていたので土の入れ替えの際に根元をほぐして真直ぐに立てなおしました。

男性スタッフ2人がかりのなかなかの大仕事です…。

この木はフランスゴムと言われる木に似ていてフランスゴムとして販売されることもあるそうです。
ヨーロッパでは一般的で人気の植物なんだとか!

水やりや虫対策など、色々大変ですが
オフィスに緑があると目の疲労軽減にもなりますし、癒されますね。

Happy New Year !

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

Whising you all a happy, healthy, prosperous new year!

日本タイポグラフィ年鑑2018に入選しました。

日本タイポグラフィ年鑑2018の​ヴィジュアルアイデンティティ部門に1点
ロゴタイプ・シンボルマーク部門に7点が入選いたしました。



松井アーキメタル(ヴィジュアルアイデンティティ)



松井アーキメタル(ロゴタイプ・シンボルマーク)



TTT(ロゴタイプ・シンボルマーク)



yotsuパン製作所(ロゴタイプ・シンボルマーク)



京都辻農園(ロゴタイプ・シンボルマーク)



インベストデザイン(ロゴタイプ・シンボルマーク)



京都の伝統産業(ロゴタイプ・シンボルマーク)



井木商事(ロゴタイプ・シンボルマーク)


お客様をはじめ、関係者の皆様、ありがとうございました。
これからも良い物を提供できるよう、エコノシスデザイン一同頑張って参ります。